美白効果が期待できる成分の種類と特徴

美白有効成分

スキンケア化粧品の中には美白効果が期待できる「美白有効成分」が配合された美白化粧品があります。
これらは厚生労働省から一定の美白効果が期待できることを認められ、承認された成分です。

 

美白スキンケアに取り組むなら、欠かせない成分とも言えますので、お使いのスキンケアにも含まれているかチェックしましょうね。

 

効果が期待できる美白有効成分とは?

美白有効成分は上述した厚生労働省による認可を受けた成分で、医薬部外品に部類されています。

 

美白有効成分といっても、機能や働きに違いがあり、その働きの分類は大きく3つあります。

  • メラニンの生成にアプローチする成分
  • 出来てしまったメラニンの還元する成分
  • メラニンの排出を促す成分

基本的にはこれらが当てはまりますが、予防の観点で取り入れる美白有効成分とできてしまったシミなどに対して使用する美白有効成分があります。
また、成分によって、一つで複数の効果が期待できる成分もあります。

 

自分のお肌の状態や目的に合わせて選ぶことで、より効果が期待できると言われています。

 

美白有効成分の種類

 

美白有効成分

ビタミンC誘導体:活性酸素の除去、還元作用が高い成分
トラネキサム酸:酵素チロシナーゼを分解・肝斑の治療にも用いられる
アルブチン:チロシナーゼの働きを阻害する
リノール酸:チロシナーゼの量を減らす
コウジ酸:チロシナーゼの働きを抑える
プラセンタエキス:メラニンの生成を抑制、代謝促進によるターンオーバーを促す
エラグ酸:抗酸化作用とチロシナーゼの働きを抑制
4-メトキシサリチル酸カリウム塩:メラニンを抑制やメラニンの排出
ニコチン酸アミド:メラニン色素が皮膚細胞に受け渡されるのを防ぐ
ルシノール:チロシナーゼの結合を防ぐ
マグノリグナン:チロシナーゼたんぱく質の成長を防ぐ
カモミラET:情報伝達物質エンドセリンを抑制
アントライン:メラニンの排出

 

他にも厚生労働省の認可はされていませんが、肌のターンオーバーを促す成分、肌の抗酸化力をサポートする成分などもあります。
また、古くから皮膚科などでシミの治療に用いられてきた成分ハイドロキノンも美白成分としては有名です。

 

特徴別の美白有効成分

シミの予防に役立つ美白有効成分

ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、カモミラET、ルシノール、リノール酸、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、マグノリグナン、プラセンタエキス、4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

シミの解消に役立つ美白有効成分

ニコチン酸アミド、4-メトキシサリチル酸カリウム、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体

 

注目はビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCの弱点でもあった、安定性の向上、そして肌への吸収率を高めた形に改良されたものです。
ビタミンCは美肌作りの成分として有名ですが、高い還元力、肌のターンオーバーを促すなど肌の健康には欠かせない成分です。

 

また、ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制する効果とできてしまったメラニンを還元し細胞を活性化、ターンオーバーを促すことで、結果的にメラニンの排出にも役立つ成分です。

 

肌の老化対策にも役立つ

また、ビタミンC誘導体は活性酸素の働きを抑制するなど、肌の老化を防ぐのにも必要な成分で、コラーゲンの生成にも関わるなど、エイジングケア化粧品にも多く採用されている成分です。

 

特に還元力が高いことから、シワやたるみといった年齢肌のサイン、さらにニキビ跡などのケアにも使用されることが多い成分です。

 

ビタミンC誘導体以外の美白有効成分もそれぞれ特徴がありますが、ビタミンC誘導体は多くの化粧品に他の美白有効成分と一緒に配合されることも多い成分です。

 

美白有効成分配合のスキンケア化粧品をチェック

 

 

美白,効果,成分,種類,特徴,美白スキンケア


関連ページ

美白化粧品でおすすめされるアスタリフトホワイト
アスタリフトホワイトが美白化粧品としておすすめされる理由について解説します。アスタリフトホワイトに配合される美白や肌の保湿やハリをサポートする美肌効果の特徴をご紹介します。
美白成分ロデノール
カネボウ化粧品が開発した美白成分ロデノールが肌の色素が抜け落ちるという問題で話題になった肌への作用のご紹介と、美白効果が高いとされていながら問題が起きてしまった理由について解説します。